読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちゃひこのシアタールーム

ブログ「カプリスのかたちをしたアラベスク」の別館。映画の話をするよ!

スポンサーリンク

【感想】映画「バスキア(ジュリアン・シュナーベル監督)」/ニューヨークの亡霊と筆跡

※このエントリーには映画「バスキア」の内容の言及があります。 バスキア [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2007/02/21 メディア: DVD クリック: 10回 この商品を含むブログ (10件) を見る 反復的に同じ手法で、同じ切り口からあらゆること…

【感想】映画「her/世界でひとつの彼女」が「エクス・マキナ」より優れていた点について

※このエントリーには映画「her/世界でひとつだけの彼女」のネタバレを含みます。 なかなか、一日を有効に使えていないところにフラストレーションが溜まってきた。 やりたいこと(やらなければいけないこと)はけっこう山積みなのだけれども、そればかりを…

映画「アンダーグラウンド(エミール・クストリッツァ監督)」の感想/地上のユートピア

※このエントリーは映画「アンダーグラウンド」のネタバレを含みます。 学生時代、サークルの部室(京都ではボックスと呼ばれていた)があった建物があって、ぼくが博士課程2回生に取り壊されることになった。その木造の建物は築100年ぐらいはゆうに経ったも…

映画「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)/生き死にの境界として描かれる宇宙について

金曜日に映画「ゼロ・グラビティ」を見た。前に見たのはたしか新婚旅行の飛行機のなかだった。この映画はほんとうは映画館で見なくちゃいけないものだと、友達からたくさんきかされていたから、ついにそれができなかったんだってことを噛みしめながら見た。…

ゆめとうつつのモザイク――映画「ビューティフル・マインド」(ロン・ハワード監督)

※この記事はおよそ1年ほど前に書かれたものです。 共働きの我が家では、夕食は「早く帰ってきた方が作る」ということになってはいるのだけれども、帰ってきたときには両方疲れ切っているということもめずらしくないわけで、適当な炒め物やら惣菜やらでなんと…

チューリング、という虚像――映画「イミテーション・ゲーム」(監督:モルテン・ティルドゥム)

書かないことに慣れてしまうのは怖いもので、書かないという楽さに押し流された生活をすると、どうやら一生なにも書かないということがじゅうぶんにありえてしまう。しかしどうして書かないことが怖いことなのかはわからない、すくなくとも、書くことを選ん…

映画感想「アメリカン・スナイパー」(イーストウッド監督)――シチュエーションでしか生きられない

この前の土曜日は妻の誕生日祝いで近所の洒落たフランス料理屋さんにいきました。 白ワインをボトルでオーダーし、酒好きの妻と同じペースで飲んでいるとどうやらガッツリ酔ってしまって、あーこれやばいな、と直感、トイレに駆け込みました。 しかし吐くわ…

カメラが真実を語るわけではない~意識的なまなざし/映画「シークレット・パーティ」

シークレット・パーティー [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2014/04/25 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 男性・女性 Blu-ray 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2013/12/21 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2…

スポンサーリンク